CoMFoS とはContinuous Mechanics Focusing on Singularity の略で,
研究部会の前名称「特異性を持つ連続体力学」の英訳です。
現在研究部会は「連続体力学の数理」
Mathematical Aspects of Continuum Mechanics(MACM)
として活動しています。

工学者と数学者が研究交流するには,数学者は数理解析だけでなく,その内容を数値計算結果で訴える必要があります.

研究集会

研究部会ワークショップCoMFoS14

日付:
2014年10月11日(土)〜10月13日(月,体育の日)
会場:
京都大学楽友会館(10/11)
10月12日〜13日 京都大学時計台ホール会議室III
プログラム:
ここをクリック

日本応用数理学会2014年会

日付:
2014年9月3日(水)〜9月5日(金)
会場:
政策研究大学院大学

異分野との交流のために

研究部会では,数理解析を反映した数値計算が可能なFreeFem++ を支援しています。FreeFem++の解説書を共立出版 から発行されました。
有限要素法で学ぶ現象と数理―FreeFem++数理思考プログラミング―
サポートサイト